国内にいながらできる円安対策の一つ fx

| コメント(0) | トラックバック(0)

国内で働いていると、貰える給与は円です。それは当然です。しかし、現在はグローバル化が進み、ありとあらゆる物が海外から輸入されています。食料品の多くは、輸入に頼っています。給与が変わらなくても、円安になれば物価はあがります。円相場は一般人の日常生活にも関わりのあるものなのです。

FXと聞くと、少し距離を置きたくなる人も多いのかもしれませんが、簡単に言うと両替のことなので本来は拒否反応を起こす必用もないはずだと思います。一時期、脱税や誰でも簡単に金儲けができると、言うことでもてはやされたFXですので印象が良くないのかもしれません。

決して、簡単にお金がもうかる仕組みではないのです。どの分野でも、リスクとリターンは表裏一体です。よく勉強してから、トレードすべきだと思います。現在の円安基調はまだまだ続く可能性はあります。もちろん、絶対ではありません。これから、FXの重要性は増えてくるのだと感じます。

ただ、ロングのみは危険だと思います。ロングのみの場合はロスカットを設定して、リスク管理を徹底すべきでしょう。今後円安になる可能性の方が高いと思いますし、円高になる要素も見当たりません。

ですが、投資に絶対はあり得ません。絶対勝てるギャンブルなど、いかさまをのぞいて存在しません。自分の許容できるリスクをしっかりと管理して、円安の流れに乗るのが、今できる円安対策なのだと思います。

生涯収入5億円倶楽部

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.shoppingappliances.com/mt/mt-tb.cgi/45

コメントする

このブログ記事について

このページは、tokiwa2が2015年7月 6日 13:27に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「FXの概要とレバレッジの危険性」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。