エリック・クラプトンのギター

それはもう10年以上前のことですが、エリック・クラプトンがクロスロードセンターのために、自分のギターをオークションに出すと言うので、クリスティーズに行って、クラプトンのギターを弾かせてもらいました。
私はクリスティーズに知り合いがいましたので、融通が利いて、閉館後、ギターを弾かせてもらえることになりました。
アコースティックギターはマーチンギターがほとんどでしたが、そのどれもがとてもいい音をしていました。
しかし、チューニングが僅かにずれていて、音が合わず、まずはチューニングをしてからでないと弾くことが出来ませんでした。
クリスティーズの係の人が椅子を持って来てくれて、思う存分クラプトンのギターを弾くことが出来ました。
その中でも、Lot 86のギターは特にいい音がして、それはクラプトンのホームギターの一つで、クラプトンのために特別に作られたギターでした。
その形も素晴らしく、膝に置いた時のギターの抱き具合や足への収まり具合が凄く良くて、お金があったら、落札して自分のものにしたいくらいいい音を出すいいギターでした。
私の知り合いがクラプトンのギターを1つ、落札したので、その後、弾かせてもらいましたが、ガットギターでいい音がしていました。


このブログ記事について

このページは、tokiwa2が2013年1月27日 13:11に書いたブログ記事です。

次のブログ記事は「大型書店でブラブラ買い物」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。